KEIO SDM “SPORTS X“ Conference 2016

日本のスポーツの発展のために「スポーツ産業活性化(含むテクノロジー)」、「スポーツマネジメント人材育成」、「チームマネジメント/強化」を3つの柱として、この夏に『KEIO SDM “Sports X” Conference 2016』を開催いたします。

慶應義塾大学日吉キャンパス内
協生館 藤原洋記念ホール 他

KEIO SDM “Sports X” Conference
スポーツに関わるすべての人に開かれた
日本発世界に向けたカンファレンスです。

国内総生産(GDP)600兆円に向けた成長戦略の素案でスポーツ産業の成長には大きな期待が寄せられています。現在、日本におけるスポーツ産業は5兆円弱規模ですが、スポーツ庁は2025年までに15兆円へと成長させることを求めています。スポーツ産業大国であるアメリカは60兆円規模であり、その発達の過程に学ぶべきことが多いと考えます。
スポーツ産業大国であるアメリカの例と比較し、日本のスポーツの発展のために重要なことは、「スポーツ産業活性化(含むテクノロジー)」、「スポーツマネジメント人材育成」、「チームマネジメント/強化」の三つの柱だと考えています。
これから数年間、日本では世界的なスポーツイベントが数多く開催されます。この世界的に見ても希な機会を活かして、スポーツの未来や取り巻く環境を俯瞰し、知恵と技術を持つ人達をつなぐことで、これまでの想像を超えたスポーツシーンを生み出して行くことが可能になるでしょう。
今、日本においてこの3つの成長は必須であり、その第一歩を踏み出さねばなりません。

開催概要

開催日時
会場
〒223-8526 神奈川県横浜市港北区日吉4-1-1
慶應義塾大学日吉キャンパス内 協生館 藤原洋記念ホール他
概要
「スポーツ×〇〇」のさまざまなイシューを取り上げるパネルディスカッションと講演を行う

  1. (1)「スポーツ産業活性化(含むテクノロジー)」
  2. (2)「スポーツマネジメント人材育成」
  3. (3)「チームマネジメント/強化」
主催
慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科
後援
経済産業省(申請予定)、スポーツ庁(申請予定)
問い合わせ先
SDM慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科
広瀬、森内:info@sportsx.info